犬を診ている医者

寄生虫は細菌と異なって、人もしくは動物の体内や表面に寄生する虫のことをさしており、寄生された人や動物を宿主と言います。寄生虫はこの宿主がいないと生きていくことができない特徴があります。現在のところ世界では200種類、日本でも約100種類ほど確認されており、大きく分けて原虫とぜん虫に分かれます。このほか、ダニやノミといったものも寄生虫に含まれています。

寄生虫の感染経路は経口やペット、性行為や刺咬、経皮といったことがあげられます。この中で最も多い感染経路は経口感染であり、肉や生の魚介、生野菜や飲料水から感染することが多いです。近年では生活環境が良くなったことで生野菜から感染することは少なくなっていますが、その分生の魚介類から感染することが増えています。

アニサキスは強烈な胃の痛みと吐き気が生じ、恐怖を感じることから、近年注目されていますし、赤痢アメーバやトキソプラズマといったものも経口にて感染してしまいます。トキソプラズマの場合、日本だけでなく世界のどこにでも存在している寄生虫であり、通常は猫から人へと感染をします。免疫力が高い状態であれば感染してもさほど症状は重くなりませんが、妊娠初期に感染してしまった場合は流産を引き起こす可能性があり、妊娠中期の場合は胎児に感染してしまい、出産後に水頭症や目の脈絡網膜炎などの病気を引き起こしてしまいます。ですので免疫力が落ちている人にとっては、油断はできない寄生虫です。恐怖を与え生死にかかわるのは経口感染によることが多いのも特徴となっています。

刺咬感染は、蚊やハエ、ノミなどが媒介しています。特に近年蚊による媒介が問題となっており、ハマダラカと呼ばれる蚊の種類はマラリア感染を引き起こしており、生死にかかわる状態になることもあります。蚊の場合、人間だけでなく犬や猫といった動物も刺すので、刺されたことによってイヌ糸状虫に寄生されてしまうことも多いです。

このほか、皮膚から直接寄生虫に感染してしまう経皮感染は、川や沼、土の上を裸足で歩いた場合にちょっとした傷口から幼虫が侵入してくることがあり、性行為によって感染する場合は、膣トリコモナスや毛じらみを発症してしまいます。毛じらみの場合は性行為が無くても、温泉や毛布、タオルや便座といった身近なものを介して、間接的に感染してしまうこともありますので、全く関係がない人同士感染してしまうということが起こります。